お薦め

豆の保存方法

コーヒー豆というのは意外と繊細なものです。
ぽいっとそのへんにほったらかしておいても大丈夫、というものではありません。
逆にきちんと保存方法を守ってやれば日持ちさせることもできるのです。

では、このコーヒー豆の正しい保存方法とはどのような方法なのでしょうか。

■まずは新鮮な豆を手に入れること

保存する以前の話になりますが、豆は新鮮なものを手に入れるようにしてください。
すでに手に入れた時点で焙煎から時間が経ってしまっていたりすれば
正直保存方法を守ったり抽出の技術を磨いても相応の味しか出ません。


■焙煎後、冷蔵・冷凍するのがベスト

コーヒー豆を焙煎したらできるだけ速いうちに
冷凍・冷蔵保存するのが一番オススメです。

なぜならコーヒー豆というのは、温度や湿度といった環境に左右されやすいからです。
研究によれば10℃温度が上がると賞味期限は約半分にまでなるとか。
ですから、冷蔵庫や冷凍庫に保存するのがベストなのです。


■保存容器について

保存容器は密封できるものを選んでください。
焙煎後のコーヒー豆というのは臭いや湿気を吸収しやすいため、
密封しないまま冷蔵庫などに入れるとコーヒー豆が脱臭剤のような役割をはたしてしまい、
袋を開けたら大変なことに…なんてこともあります。

ですので、袋の場合には空気をしっかり押し出してできるだけ真空の状態にし、
チャックやクリップなどで空気の侵入を防ぐようにします。
缶での保存の場合にはできるだけ空気を少なくするためにぎっしり豆を詰めるようにしてください。


■場合によっては冷凍庫より冷蔵庫

一番保存に適しているのは冷凍庫ですが、場合によっては冷蔵庫のほうがいいときもあります。
それは冷凍庫の出し入れが頻繁な場合です。
冷凍庫をよく使っていて頻繁に出し入れする場合、
豆を外に出すと湿気を吸ってしまう場合があるためです。

この場合は冷蔵庫で保存したほうがよいでしょう。
できれば温度は8℃以下になるようにするのがいいでしょう。
クレジットカードhttp://xn--t8j4aa4n2hxa7duezbl49aqg1546e264d.com/usecard.htmlを使ってお得にまとめ買いをするのも良いですね。

また、セサミンとコーヒーの関係性について気になる方はhttp://xn--0-hfura9lzd.com/ranking.htmlをご覧ください。