お薦め

フェアトレード

みなさんはコーヒーについて疑問に思ったことはありませんか?
よく考えてみてください。

主要なコーヒー生産国はどこでしょうか?
よく聞くのはグァテマラやエチオピア、インドネシア、
コロンビア、ブラジルといった国ですね。

こうした国々は多くのコーヒーを輸出しているにも関わらず、
開発途上国がほとんどであり貧しい現状があります。

なぜこれだけ多くのコーヒーを生産しているにも関わらず
こうした国々は貧しい状況から抜け出すことができないのでしょうか。

それは、先進国主導の「不公平な貿易」が原因でした。

基本的にコーヒーの価格というのはニューヨークやロンドンの
先物取引市場によって左右されることになります。

様々な国の企業により独占されている「自由貿易」により、
コストや農家のことは全く考えていない価格でコーヒーが
取引されているという現実があったのです。

この不公平で不均衡な貿易により大打撃を受けたのが生産者たちです。

どんなにいいコーヒーを作っても、常に貧困の状況であり食糧危機にも直面、
子供たちは過酷な労働をするというサイクルから抜け出せずにいたのです。

そうした貧困のサイクルを生み出してしまった不均衡な貿易を見直し、
適正な価格で取引するように定めたのが「フェアトレード」です。
1997年に設立されたFLO(国際フェアトレードラベル機構)を中心とした
世界各国がこのフェアトレードに参加しています。

これによって多くの生産者や労働者、
その家族がフェアトレードの利益を得られるようになってきました。

そしてこのフェアトレードの認定を受けているコーヒーがフェアトレードコーヒーです。
コーヒーショップ大手のスターバックスコーヒーは毎月20日を
フェアトレードコーヒーの日として定めて認証を受けた
豆を使うといった取り組みを行ったりと
日本でもフェアトレードコーヒーの存在というのは少しずつですが広がりつつあります。

美味しいコーヒーを作ってくれる生産者たちのために、
私たちも少しずつできるところから始めていきたいですね。
また、贈り物にはコーヒー豆も良いですが、パワーストーンhttp://xn--zck4aza4jwa5cc9350d44ijkerz7bbpqbf5h.com/present.htmlもプレゼントにおすすめです。
結婚の贈り物http://xn--h1s64a26mrz3awb1a.ws/2.htmlにも良いですね。 ただし相手がパワーストーンについて良いと思っていない場合は不向きです。